【住宅ローン】人生の保険について考えていますか?

住宅ローン

こんばんは、家探買太郎です。
今日は「保険」について考えます。

「住宅」だけでなく
「保険」についても
教えてくださるんですか?

「保険」と言っても
「住宅ローン」に関してです。

 

保険とは・・・


ウィキペディアから引用すると
保険とは・・・
偶然に発生する事故によって
生じる財産上の損失に備えて
多数の者が金銭(保険料)を
出し合い、その資金によって
自己が発生した者に金銭
(保険金)を給付するための制度
とあります。

将来の大きなリスクに対して保険へ加入することで回避!


保険に加入すると言えば
「車」「家」「命」
でしょうか?

万が一の時に多大な費用負担を
強いられるため、「保険」で
カバーするわけですね。

もし!自動車運転が自動化されたら「自動車保険」は不要になる?


2020年11月、自動車メーカーの
Hondaが自動運転レベル3発売へ
というニュースが流れてきました。

自動運転に期待が膨らみますね!

では、マイホームに関する
「保険」について考えてみます。

もし!家が100%耐火構造化されたら「火災保険」は不要になる?

マンションをイメージする
分かりやすいですね。
火事が起きても躯体は
頑丈ですよね。

ただし、

家の中は燃えるもので
あふれているので
火災保険がなくなることは
ないと思います。

実際には、火災保険の中には

水災害や風災、盗難なども
保険の対象になっているので
「火災」だけではありません。

自動車も同様ですね。

自動運転でドライバーの負担は
軽減されますが、自然災害や
盗難などの保険は「車両保険」で
カバーしないといけません。

だから「保険」って大切です!


保険料を払わないですむなら
それが理想ですが実際には
皆さん、「保険」に入っています。

では、住宅ローンに関して
考えてみましょう!

住宅ローンの「3つのリスク」を考える!


「火災」
「生命」
「金利上昇」
リスクです。

リスクを保険でカバー


火災に対しては、火災保険
生命に対しては、団信保険
では
「金利上昇」に対しては?
住宅ローンを組む際に
皆さん、火災保険に入るし
生命保険にも入るし
将来のリスクに備えています。

ただ、金利上昇リスクに関しては
「保険」に入らない選択を
されているケースが
あります。

それが、「変動金利」です。

【2020年最新】変動金利が今後上昇した場合のリスクについて、変動金利を選ぶ人が知っておくべきこと
変動金利が今後、上昇した場合のリスクについて、見通しは誰にもわかりません。 あがるかどうかは誰にもわかりませんが、過去、現在、将来に関する統計資料は確認しておきましょう。調べればたくさん情報は出てきますので、しっかりと吟味することをお忘れなく。少なくとも住宅ローンは、金利だけで判断してはいけません。

真逆の住宅ローンが
「固定金利」です。

もうお分かりですよね。
金利上昇リスクに対する「保険」は
「固定金利を選択することです。